お日様と地と霧の謎

雑誌とかのアンケートなどで、「格闘家」について尋ねられたとしたら、君はなんて答える?「豚汁」は、人によって印象が違うなのかもね。
マカロン
ナポレオン
HOME

勢いで走る家族と観光地

水彩画やフォトといった芸術観賞が好きだし、絵も得意だと思うけれど、ものすごく写真が苦手だ。
しかし、前は一丁前に、ライカの一眼を宝物にしていた時期もあって、どこに行くにも持ち歩いたりした。
面白いほど焦点が合ってなかったり、変な配置なので、一眼が笑っているようだった。
けれど、レンズや画像処理は凄く面白いと思っている!

雲の無い月曜の深夜に昔を思い出す
なぜか生地は安い物がない。
娘が幼稚園に入るので、本入れやボール入れがいるのでありながら、わりかし普通の生地が価格が高かった。
目立って、アニメのキャラクターものの生地なんて、すごく高い。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの縫物の為の生地がものすごく高い。
使うサイズの入れ物を購入した方が手っ取り早いし、簡単だけれども、しかし、へんぴな所なので、確認したら、みんな、お手製だし、周辺に売っていない。

騒がしく歌う子供と横殴りの雪

ネットニュースを毎日見るけど、新聞を読むことも好きだった。
今は、費用がかからないで閲覧できるネットニュースが多くあるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて購入しなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間で大量の内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、アメリカのデフォルトになるという話が目につく。
債務不履行になるわけないと思うけれど、もしなったら、他の国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

気分良く踊る姉ちゃんと季節はずれの雪
先日梅雨が明け、今日セミが鳴き出してたのを聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と思った。
もうすぐ夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側でアイスクリームを舐めていた。
頭上では風鈴がときどき鳴っていた。
朝から暑い日で、太陽が少年の座った足を照りつける。
少年は元気に半ズボン姿だった。
汗が頬を伝って流れ、アイスクリームも溶けてきた。
少年は、近くにある屋外プールのオープンを待ち焦がれていた。

気どりながらダンスする弟と電子レンジ

セミももう鳴いていない夏の晩。
少年は家の縁側に座り、西瓜をかじっていた。
かじっては西瓜の種を外に吐いていると、ときおりタネが遠くまで飛ばず、自分の足に落ちたりしていた。
隣に置いた蚊取り線香の香りと、星のよく見える暑い夜、それからスイカの味。
少年はそれらを堪能しつつ、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうか、と思っていた。

悲しそうに吠える友人と冷めた夕飯
今考えると、中学生のころから高校生まで熱心に学習をしていなかった。
他の生徒たちが一生懸命に勉強していても、自身は言われるままの事をしぶしぶやるといった感じだったように思う。
なぜか、専門学校に入学してから私の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、内容がするすると入ってくるようになった。
そして、就職をして、研修期間を過ぎて責任のある業務になると、次は何も言わずに学習せざるを得なくなった。
やりたくないなんて思う暇もなく、なにがあっても学習する数年が続いた。
頭を使う生活をしばらくすると、急に学校時代に取り組まなかった勉強を見直したいと思うようになった。
今では、同じことを言っている人が周りにたくさんいる。

寒い火曜の朝はお菓子作り

山梨県は、フルーツ大国と言われるくらい、フルーツの栽培が行われている。
日本でなかなか無い内陸県で八ヶ岳などの山に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、米の栽培もあまり盛んではない。
なので、山梨を仕切っていたあの柳沢吉保が果物の栽培を推進したのだ。
他県よりも名産が欲しかったんだと思う。
甲府盆地の水はけのよさと、山国ならではの昼夜の寒暖の差が、立派な果物を実らせる。

そよ風の吹く木曜の昼は立ちっぱなしで
太宰治の斜陽、ファンの私は、海沿いの安田屋旅館に宿泊に行った。
同じく本が割と好きな彼氏。
こちら安田屋旅館は、太宰治がこの本の章の一部を書くために宿泊した港町にある旅館。
階段を動くと、ミシミシと、音が聞こえる。
見せてもらったのは、太宰が宿泊した2階の角の部屋。
立派な富士山が半分だけ、姿を見せていた。
窓から見える海には生け簀が作られていた。
この辺は来たかいがある。

雨が上がった月曜の夜明けは椅子に座る

テレビを眺めていたり街を歩いていると、綺麗だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
個人の雰囲気は、本人の内面かもしれない。
凄く重要だと思う。
最近見てしまうのは歌手の西野カナだ。
歌番組を見て、初めてインタビュー受けている姿を見た。
女の子っぽい!と見ずにいられない。
童顔に、スタイルも良い感じ、パステルカラーが凄く似合う印象。
喋り方がおっとりしていて、方言もポイントが高い。
歌は割と聞いていたけれど、本人を見てそれ以上にファンになった。

そよ風の吹く日曜の深夜は窓から
そんなには、ドラマは見ないほうだけど、このごろ、それでも、生きていくを視聴している。
犯人側の親兄弟と殺された小さな子の親兄弟が会うことになってといった流れで、ふつうに考えてあるはずがない内容だ。
被害者側の家族と犯人側の親兄弟のどちらも不幸なめにあっている様子がえがかれている。
話の雰囲気はたいそう暗いけれど、しかし、映像はきれいな雰囲気につくられている。
花や緑や自然の映像がすごく多用されていて、牧歌的というのかきれいな映像がすごく多用されている。
この後、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

道

Copyright (C) 2015 お日様と地と霧の謎 All Rights Reserved.