お日様と地と霧の謎

雑誌とかのアンケートで、「生徒」のことを尋ねられたとしたら、君はどう返答する?「猟師」は、人それぞれで感じ方が全然違うかもね。
マカロン
ナポレオン
HOME

そよ風の吹く大安の夕暮れはこっそりと

東京で古くから有名な町が、台東区の浅草。
その中でよく知られている仏様が浅草の観音様だ。
そこそここの頃、浅草寺詣でに行ってきた。
ごく稀に来た台東区浅草。
一段と、自分自身の目で実際に確認して分かったことは、日本人じゃないお客様がたくさんいるという事実。
色々な国からお客様の集うここ浅草、ちょっと前からどう見ても多くなった。
そもそも、世界で一番の電波塔である、スカイツリー完成の関係もあることは間違いない。
近隣の諸国からは、羽田ハブ化で身近になったという事から、プラスして、ヨーロッパ方面や欧米からは、着物や和装小物に魅力を感じ来ている観光客が多数かもしれない。
とにかく、この先も多くの外国人観光客がやってくることを予想した。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、威厳のある浅草寺本堂が見えてくる。
こちらの瓦屋根は、雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、改修工事を行ったという。
秘仏の観音様に日本の平和を祈り願った
頑張りがこれから先成就しますように。

余裕で歌う友達と草原
遠い昔になんとなく見た映画が、before sunriseで、邦題は「恋人までの距離」という。
親戚のお姉さんに、「感動の作品だよ」と話を聞いたストーリーだ。
列車内で偶然出会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス人の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌは少しだけオーストリアを歩き回るというもの。
この映画の変わっているのは、特にこれといった事態とか盛り上がりとか、そんなに無い部分。
会ったばかりの2人は、過去の恋や世間なんかについてひたすら語り合う。
見た時は中学生だった私は、経験不足で幼く、ただジーッと見過ごした物語だった。
といいつつ、昨日、たまたまツタヤで見つけて、懐かしく思い借りて、観賞したところひたすら感動してしまったのだ。
好きなのは、レコード屋でケイス・ブルームの曲を聞きながら視線を投げあってしまうところ。
お互いの帰国の際、要は、サヨナラのシーン、エンドを迎える。
当時はぴんと来なかったこの内容、間隔をあけて見ると、前回よりまたく違う見方ができるのだろう。
それから、KATH BLOOMのALBUMを、itunesより発見し聞いている。

前のめりで泳ぐ母さんと穴のあいた靴下

学生の頃、株に好奇心をもって、購入しようかと考えてたことがあったけども、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードにも好奇心があったけれど、汗水たらして得た貯金が簡単に減るのが恐怖で、購入できなかった。
楽天証券に口座はつくって、銀行口座から動かして入れて、ボタンを押すだけで買えるように準備したけれど、恐怖で購入できなかった。
一生懸命、働いて稼いでためた貯蓄だから、いくら人から見たら少なくてもでも少なくなるのは恐怖だ。
けれども一回くらいは買ってみたい。

笑顔でダンスする兄さんと花粉症
今日の新聞に、女性の眉に関して、興味深い話が記載されていた。
真実が分かれば、次第に色っぽさも感じられるので不思議だ。
見るだけでは、怖いもののようにも見えるが、江戸の頃は成人女性の印だという。
真相を知ると、いきなり色気まで感じられるので面白い。

蒸し暑い祝日の日没はシャワーを

学生時代の友人とお昼に遊びに行こうと約束していた。
大きな駅のいつも通りの巨大なテレビの前。
すると、ちょっと遅刻すると電話がきた。
この場所は合流スポットなので、人々はどんどんどこかへいってしまう。
ipodで音楽を聴きながら、その光景を眺めていた。
でもあまりにも時間を持て余して近くのカフェに入って、アイスティーを飲んでいた。
30分たって、友達が遅くなってごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々調べてみたけれど、良い感じの店を探せなかった。

笑顔で叫ぶ子供と草原
夏らしいことをこのシーズンはやっていないが、友人たちと土曜日、コテージをかりて炭を使ってバーベキューを行う。
夏の流れだけれど、まれに、息抜きになる。
男のメンバーが少ないので、たいそういっぱい火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、炭の準備が、女性だと不得意な人がまあまあいるので、してあげないと。
ただし必ずみんなでお酒を飲むからその時は、アルコールをがぶがぶ飲まない様に注意しよう。

涼しい土曜の明け方は焼酎を

何か贈り物を考えなくてはと思っている。
結婚記念日がすぐで、家内に何かしらプレゼントしたいのだけれどすごく良いおくりものがうかばない。
家内に何か手に入れたいものがあるのならば、話は早いが、ほとんど、物を欲しがる気持ちが存在しないので、気に入りそうなものが思いうかばない。
ただ、内緒で欲しい物を見つけてサプライズをしたい。

気分良く熱弁する先生と夕立
江國香織の小説に出てくる女性は、陰と陽を潜めていると思う。
旦那さん以外との恋愛を肯定化する。
恋の一種ではあるが、本当に愛しているのは別のただ一人。
というヒロインが多く見られるような気がしませんか。
不貞行為を陰だとしてみると、本命は陽。
突然別の自分が入ったように陰が襲ってくる。
旦那意外との恋愛に関する価値観は無視して、その主人公を見つめる。
私の中に新たな恋愛に対する考え方や見解が姿を見せることもありえる。

凍えそうな水曜の夕暮れに読書を

友達が、マンションのベランダにて、トマトを育てている。
実がなったらトマトスープを作ってみたいらしい。
育てているとは言うものの、頻繁に水も肥料もあげないし、ベランダにて煙草を吸うので、トマトの周りの空気は全然良くない。
丸2日、何もあげてないという時期の、ミニトマトの外見は、葉がだらりとしていて、なんとなくしゅんとしている姿に激似だ。
可哀想になったので、水分をたくさんあげると、翌日の朝のトマトは陽気に復活していた。

雲の無い火曜の昼は足を伸ばして
少し前、短大を出てすぐの時、友達と3人で博多港からソウルに旅に出かけた。
行ったことのない国外で、宿にしばらくの滞在だった。
メインをたくさん見て、ワクワクしてたけれど、しだいに道に迷ってしまった。
日本語は、全然通じないし、英語も全く通じない。
すると、韓国人の男性が充分な日本語で戻る方法を教えてくれた。
しばらく横浜にて日本語の勉強をしたという。
それで、安全に、楽しい韓国めぐりをすることが可能になった。
帰国の日、駅で道を案内してくれたその人になぜか再会した。
「ぜひまた」と言ってくれたので、みんな韓国が好きな国になった。
いつも有給は韓国への旅が計画されている。

道

Copyright (C) 2015 お日様と地と霧の謎 All Rights Reserved.